「徹底比較」生ローヤルゼリーと乾燥ローヤルゼリーの違いと効果とは。

お店やネットなどで様々な種類が販売している「ローヤルゼリー

その豊富な栄養で世の女性を健康に美しくしている最高の栄養食材の一つですよね。

そんなローヤルゼリーには、「生ローヤルゼリー」という商品と「乾燥ローヤルゼリー」という商品があり、実際に購入する時にどちらにしようか悩んでしまったという人も少なくないのではないでしょうか?

簡単に言うと生ローヤルゼリーとは、瓶の中に乳白色のローヤルゼリーがそのまま入った物で、乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリーの水分を飛ばし、食用油と混ぜてソフトカプセルなどに入れている物を指すのですが、この記事ではそんな「生ローヤルゼリー」と「乾燥ローヤルゼリー」の違いや効果について徹底比較していこうと思います。

ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーと乾燥ローヤルゼリーの栄養素の違いを比較

生ローヤルゼリー

なんといっても「生ローヤルゼリー」の魅力は「豊富な栄養」をダイレクトに摂取できるという点でしょう。

生ローヤルゼリーとは「ミツバチの巣の中の女王蜂の部屋に分泌されて移虫されてから72時間以内に採取されたものを指します。
「生」と聞くと賞味期限がとても短いのではと思いがちですが、家庭用冷蔵庫で6℃以下の保存することで約1年間、冷凍保存ですとさらに長期間保存することが可能です。(商品により推奨する保存期間は異なります)

必須アミノ酸・アミノ酸・ビタミン類・ミネラル類・デセン酸などの特有成分など、ローヤルゼリーにはとても多くの栄養成分が含まれています。

しつこいようですが、生ローヤルゼリーを摂取する最大のメリットは「生」であるがゆえ多くの栄養をダイレクトに余すことなく摂取できるという点

まさに女王のしずくをそのまま食べている(舐めている?)という贅沢な状態といえます。

生のローヤルゼリーの味は酸味が強く、舌がピリッとするぐらいの刺激が特徴です。
同じ「蜂」から採取しているのも関わらず、甘いはちみつとは全く味が違うので、「味が苦手」という人も多いようです。

ローヤルゼリーは薬ではありませんが、「良薬口に苦し」と思えば継続して摂取できるかもしれませんね。

乾燥ローヤルゼリー
「乾燥ローヤルゼリー」は、生ローヤルゼリーの水分を90%程度飛ばしたもので、粉末やカプセルに入った商品を指します。

乾燥ローヤルゼリーは、高温多湿を避けて保存すればかなり長期間保存することが可能です。

大きなメリットととしては、「粉末タイプのローヤルゼリーは生と比べて味や匂いが薄いので摂取しやすい」点が挙げられます。

カプセルタイプについてはほとんど苦みもなく摂取することが出来るのです。

この「飲みやすい、摂取しやすい」というのは、ローヤルゼリーの健康法、美容法を長期間継続するのにはとても重要なポイントと言えるのではないでしょうか。

そして、乾燥ローヤルゼリーのもう一つの特徴は「価格が生ローヤルゼリーと比べて安い」という点です。

これも、長期的にローヤルゼリーの健康法、美容法として継続していくのにとても重要なポイントですよね。

栄養面では、やはり生ローヤルゼリーには劣ってしまいますが、生と比べて栄養成分の劣化がしにくく保存も楽なので、気軽に続けることができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

生ローヤルゼリーは

・含まれている栄養成分をすべてダイレクトに摂取できる。

・保存は冷蔵もしくは冷凍保存。

・味は酸味があり舌がピリッとするような感じ。

乾燥ローヤルゼリーは

・栄養成分は生ローヤルゼリーと比べるとやや劣る。

・粉末かカプセルタイプでとても飲みやすい(摂取しやすい)。

・生ローヤルゼリーと比べて価格が安い。

というように、それぞれ違った特徴を持っているのがわかりましたね。

生ローヤルゼリーでも乾燥ローヤルゼリーのどちらを選ぶかは好みによって変わるかと思いますが、ネットや店舗などで様々な種類の商品が販売しているので、その中から安心安全な商品をしっかりと選び、摂取することが一番大事なことだと思います。



ローヤルゼリー粒 ゴールド800