鬱(うつ)の悩みにローヤルゼリー。セロトニンとノルアドレナリンが◎

「うつ」は、今や社会問題となっている病気の一つです。憂鬱になる事は、健康な人も経験があると思いますが、うつの人の場合、毎日その思いが続いてしまい、一日一日を過ごすだけでも相当な体力や気力を消費してしまいます。

と、大半の人はうつに対しては、これくらいの知識しか持っていないと思います。なまじ、有名な病気であるがために「何となく知ったつもり」になってしまい、実は詳しい事はほとんど把握していないという人がほとんどなのではないでしょうか。

しかし、そのままでは自身がうつになった時、そして家族や知人がうつになった時、鬱病の人に接する時などに間違った接し方をしてしまいかねませんので、うつに関する最低限の知識は得ておきたいものです。
うつ

鬱(うつ)で悩んでいる人がローヤルゼリーを摂取する理由

うつは、科学的には、脳内神経の伝達物質に、健常者とは違う変化が起きている、という事が報告されています。セロトニン、ノルアドレナリン等の神経伝達物質の量が減ってしまい、色々な症状が現れ出てしまう、と考えられているのです。

この「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の低下が鬱(うつ)の症状を悪化させてしまうのですが、「ローヤルゼリー」を摂取することでこの2つの神経伝達物質の働きを活発にしてくれるといわれているのです。

セロトニン」は別名「幸せのホルモン」と呼ばれていて、精神的安定や幸福感を感じさせてくれるものです。

ノルアドレナリン」は、脳が強いストレスを感じるとアドレナリンなどのストレスと戦うホルモンを分泌させるものです

ローヤルゼリーを継続して摂取することで、うつやストレスで悩んでいる人にとてもポジティブな働きをしてくれるのです。

詳しくローヤルゼリーの事を知りたい人は「女性の美容と健康にはローヤルゼリー!女王のしずくでアンチエイジング」という記事をチェックしてみてください。

おすすめローヤルゼリー2種類の比較記事「原料100%VS認知度MAXの人気のローヤルゼリー2種類を徹底比較! 」もぜひチェックしてみてください。

それでは、もう少し鬱(うつ)について考えていきましょう。

なぜ人は鬱(うつ)になってしまうのかというと、心理的には、人間関係から生じるストレスや、物理的環境下で生じるストレスが肥大化してしまい、ついには心が限界を来してしまう。その結果、うつ病になってしまうケースが多く存在します。
うつ病の症状としては、

精神的症状

・日中、精神的・肉体的に体調が悪く、日が沈んだ頃合いに落ち着く
・意欲の低下、無気力感
・マイナスの感情(不安や悲しみ、焦り)に振り回されてしまう
・今まで楽しめていた趣味等が、楽しめなくなったり、わけもなく悲しくなったりして涙が出てしまう
・自傷行動

特に「今まで好きだった趣味が楽しめなくなる」という経験をした事のある人は多いと思います。
例えば、よく「大人になってテレビゲームが全然できなくなった」などという事を冗談半分に話す人もいますが、実は笑いごとではない場合もあるのです。

すぐに10代頃まで楽しめていたテレビゲームに代わる趣味が見つかれば良いのですが、そうでないと塞ぎこんでしまい、ストレスが溜まってうつが悪化したり、発症したりしてしまう場合があるので気をつけましょう。

ちなみに年配の方の場合は「趣味が楽しめなくなる」という事が痴ほう症のサインである場合もあります。ご家族に50代後半以上の人がいる場合は、ちゃんと日々を楽しめているかどうかを時折気に掛けてあげるようにしましょう。

また、自傷行動、例えばリストカットなどですが、家族や知人に見受けられたとしても、既にしてしまった事を責めるのは止めましょう。責められた事を苦にして、さらに自傷行動がエスカレートしてしまう恐れもあります。

大切なのは、これ以上はリストカットをさせないようにする事です。ただ、知識のない一般人が相談役になるには限界がありますので、場合によっては病院を頼るようにしましょう。

肉体的症状

・よく眠れない
・食欲不振、または食欲が増える
・疲れやすい
・体のどこかが疼痛に苛まれる(胃痛や頭痛、肩こり等)

等が挙げられます。

食欲不振、または食欲が増えることにより、体重が変動してしまい、異様にやせ細ってしまったり、逆に体重が大幅に増えたりすることもあります。では、そんな状態での必要な食材、食事とはどのようなものでしょうか。

まず、血糖値が急激に上がることは、健康面からみると良くないことなので、甘いお菓子を避けましょう。といっても、リバウンドや、いきなり嗜好品を取り上げられて、ますますストレスが上昇してしまうのも困りものです。なので、なるべく甘いお菓子を口にするのが、現状、多い人は少しでも減らすように心がけるところから、始めましょう。

甘いお菓子は一服の清涼剤となりますが、あまり多く食べてしまうと体重増加はもちろんのこと、疲れがより一層ひどくなってしまいます。それは、口にした瞬間は幸せな気分を味わえるものの、のちに低血糖状態となってしまいやすい為、体が余計に疲労感を覚えやすいのです。

他にも、主食と言われるご飯やパンも、あまりお勧めできません。食べたいときは、五穀米や玄米、胚芽パンやライ麦パンなどを口にしましょう。

おすすめしたい食材は、ひじき、わかめ、昆布といった海藻類や、納豆、豆類、穀類、野菜、きのこ類です。

以上の食材を、血糖値の上がりやすい、主食のご飯やパン等と一緒に食べると、急激に上がるのを避けることができ、疲労感が一層増してしまう事を、防ぐことができます。

さて、次に眠れない場合の対処方法を紹介していきましょう。色々な対処手段があるでしょうが、一番気軽に行えるのは「呼吸法」です。

特に良いと言われているのが「4秒鼻から息を吸い、7秒間息を止め、8秒間口から息を吐く」という方法です。これを4回程度繰り返すようにしましょう。それが済みましたら「2秒間息を吸い、4秒間口から息を吐く」という事を、ひたすら繰り返すようにしましょう。

実際に行ってみていただけると分かると思いますが、この呼吸法を行っていると、別の事を考える事がほとんどできません。そのため、スムーズに入眠できると言われているのです。
参考URL

http://www.cocoro-h.jp/untreated/overview/etiology.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

強いストレスや鬱(うつ)になってしまった場合、何もしないで放置していると更に症状は悪化してしまいます。

改善におすすめの食材を積極的に摂取したり、気持ちを落ち着かせる方法を試してみたり、ローヤルゼリーを継続的に摂取してみたりと少しでも前に進めるように頑張りましょう。