低血圧の原因は自律神経の不調から?ローヤルゼリーで改善できるの?

低血圧は、全身の動脈圧が正常値ではなく、正常値を超えて低下してしまった状態です。その際に表れる症状としては、頭痛や立ち眩み、動悸、肩こりなどです。また、胃のもたれや吐き気、胸やけ、倦怠感、手足の冷えなども起こる場合があります。

低血圧はそのような身体に不調を与えてしまう原因にもなりますが、低血圧の人がローヤルゼリーを日常的に長期間摂取していくことで低血圧が改善されたということが多いようです。

この記事では、「低血圧」の原因や改善方法、ローヤルゼリーを摂取すべき理由などを解説していきたいと思います。

低血圧

低血圧の原因と改善方法。ローヤルゼリーのすすめ

自律神経失調症などと症状が似ていることから、自分が低血圧ということに気が付かないことがあり、診断が遅れることがあります。

この低血圧の人は血管の柔軟性が足りなくなる高齢時には、逆に血圧が正常値になる人も多く、長生きします。

血圧が低くても気になる症状がないのであれば、治療を行いません。しかし、低血圧症の場合には治療が必要となります。

この血圧が低い人は10代から30代の女性に多く、次に小学生や中学生に多いのも特徴的。

低血圧になっているかの目安としては、最高血圧100mmHg以下、最低血圧が60mmHgならば低血圧となります。

原因

低血圧になる原因は、ダイエットをしたり、好き嫌いが激しかったりするなど、偏った食生活によるものが大半です。そこにストレス過多や、運動不足なども合わさり、更に低血圧になるのです。

10代の思春期にはとにかく問題が起こると落ち込みやすい年頃でもあり、上手くその問題を解決する方法が見出せず、ストレスとなってしまいます。

高齢になると、臓器機能が低下することでなりやすく、特に心拍出量や抹消血管抵抗による血液循環などの臓器機能が弱っている場合には、低血圧になりやすくなります。

改善方法

この低血圧の症状を改善する方法としては、夜更かしをやめ、気持ちいい太陽を浴びるなど規則正しい生活リズムを身に付けましょう。

ちなみに、実は人間の体内時計は25時間周期であると言われていますから、何も工夫しなければ徐々に「24時間の1日」とのズレが大きくなって、生活リズムがバラバラになったり、昼夜逆転したりしてしまいます。

しかし、日光には体内時計をリセットする効果があると言われていますので、目が覚めたらとりあえずカーテンを開けるなどして太陽の光を部屋に入れるようにしましょう。
ちなみに太陽の光には劣りますが、人工の電気の光にも少なからず似たような力があると言われています。夜勤で働いている場合や雨の日の場合などにも、目が覚めたらまずは電気を付けるようにしましょう。
生活リズムを整える事は、低血圧に対してだけでなく、何かと大事です。

そして、朝、昼、晩に3回の食事をとる事も大事です。お勧めの食事はイワシや納豆、生姜などを使った料理です。飲み物はカフェインが含まれる緑茶やコーヒーがお勧め。普通「○○の症状」や「○○病」などの対処方法について述べる時は「カフェインは控えるべき」と記されている事が多いです。しかし、低血圧を改善したい場合はある程度カフェインを摂取するべきであるという見方が有力なのです。

ですが、血流を悪くする煙草を控えることと、血管を拡張させるから血圧が低下してしまうアルコールは控えましょう。これに関しては、一般的な「症状」や「疾患」への対処方法を一緒ですね。

そして、1日に30分の適度な運動も取り入れ、深い睡眠がとれるようにしましょう。規則正しい生活により、乱れた自律神経も整います。

運動は足をよく動かす水泳やサイクリング、ウォーキングがお勧め。これらの運動は血流を良くします。必ず水分をこまめにとりながら行いましょう。終える時には除々に動きを止めることがポイントです。

特にウォーキングは一番気軽に取り組める運動だと思います。そして、有酸素運動ですから脂肪の燃焼効果も期待できますので、健全なダイエットとしても役立つはずです。「ダイエットも低血圧の原因になる」と先ほど述べましたが、この程度のダイエットであればむしろ身体に良い影響を与える可能性が高いです。

ただし、有酸素運動を始めてから脂肪が燃え始めるまでには最低でも20分程度はかかると言われています。ですから、脂肪を燃やす事を考えるのであれば、少なくとも30分程度はウォーキングをし続けるようにしましょう。

ただし、もちろん身体を壊してしまっては元も子もありませんから、体力的にどうしても辛いのであれば無理に続ける必要はありません。また、体調が悪い日に無理にウォーキングなどの有酸素運動を行うのも良くありません。
低血圧の方は、倦怠感、つまりはだるさを感じやすいわけですから特に気を付けましょう。

それから、温冷交代浴という温水に入ったら冷水をかけるという入浴方法も効果的です。

適度にきついサポーターやストッキングは血圧を上げる効果があります。腹巻やベルトをしても効果的。交感神経を刺激し、血管の収縮を促すから、血圧を上げるのです。

ローヤルゼリーの継続した摂取で低血圧の改善を促す

ローヤルゼリーには、アセチルコリンという化学伝達物質が含まれていますが、この物質は低血圧に有効だと言われています

血圧を正常に近づけることで、自律神経も整っていき、体調不良をゆっくりと改善させていくのです。

そして根本的な話ですが、自分で正確に血圧を測るというのは案外難しいものです。ですから、自分で測る時は説明書などを良く見て、正しい方法で測るようにしましょう。そして、測り方に不安があるのであれば、病院で測ってもらうようにした方が良いと思います。

一般的には、高血圧の方が危険視されていると思いますが、低血圧も度が過ぎれば危険です。低血圧の心当たりがある場合は、「高血圧ではないのだから問題ない」と思いこまずに、自分の身体の状態に目を向け、大きな異変が起きた場合はすぐに医療機関に出向くようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

低血圧の原因をしっかりと見極め、ローヤルゼリーの日常的で長期的な摂取や生活習慣の改善などを組み合わせて、ぜひ健康な身体を取り戻してはいかがでしょうか。



自然の栄養素たっぷり!「ローヤルゼリー粒 ゴールド800」



100%『生』のローヤルゼリー