老化を防ぐ4つのポイント。原因を知りアンチエイジングでもっと綺麗に

老化って嫌ですよね。

20代のころは夜中まで起きていたり、激しい運動したり、暴飲暴食したりしても身体にあまり影響もなく元気に暮らせていたのに、30代、40代と年齢を重ねていくうちに少しずつ無理の利かない身体に衰えてしまいますよね。

綺麗な黒髪が白髪交じりになり、お肌はくすみ垂れさがってくる。身体の可動域も狭くなり、健康診断の数値も次第に悪くなっていく。

本当に老化は恐ろしく、気持ち的にもいきいきと過ごせなくなってしまいますよね。

人間も不老不死にはなれないので老いていくのは仕方のないことなのですが、わかっていても嫌なものですよね。

老化を感じ始めてから「ローヤルゼリー」や「プラセンタ」「プロポリス」などの健康食品やサプリメントを始めたという人も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな「老化」の原因と老化を防ぐポイントを解説していきたいと思います。

肌の老化

肌や目、内臓や筋肉の老化の原因

人間の様々な部位はだんだんと老化していきますが、その原因もまた様々です。

・ホルモンバランスの乱れが老化に繋がる

・免疫力が低下している

・活性酸素(老廃物)が蓄積される

・糖化(AGE)が高くなっている

というように、その原因は様々です。

特に近年注目されているのが「AGE」です。

これは「Advanced Glycation Endproducts」という言葉を略した言葉なのですが、これはタンパク質と糖が加熱されてできる老化を進行させてしまう原因物質の事です。

終末糖化産物のAGEが血管内に蓄積されると、心筋梗塞や脳梗塞、白内障など様々な病気の原因にもなるのです。

そして、AGE(糖化)はお肌にも大きな影響を与えてしまいます。
くすみやたるみ、ハリがなくなるなどの原因もこのAGEといわれているのです。

そんな老化を進行させてしまうAGEが体内に蓄積されてしまう原因は2つあります。

AGEを含んでいる食品の摂取

ベーコンやフランクフルト、ステーキなど焼いて調理するものは多くのAGEを含んでいるのです。

改善方法は「あまり焼きすぎない」こと。
ベーコンなどはカリカリに焼いて食べるのが好きという人もいますが、身体のことを考えてなるべく「焼きすぎない調理」を心がけることが重要です。

糖分の過剰摂取

糖分の過剰摂取は「太ってしまう」という外見的な要素ももちろんありますが、余計に摂取した糖分は体内でタンパク質などと結びついて細胞を劣化させてしまいます。

細胞が劣化するということは、体内の内臓などの臓器やお肌に悪影響を及ぼしてしまうので、「美容」にも「健康」にも良くないのです。

エアコンをつけっぱなしで寝る

気温の上がる7月~9月の期間はエアコンを使用する機会が増えるかと思います。

しかし、エアコンの効いた空間に長時間いると身体が冷えてしまい血流が悪くなり、肌荒れや生活習慣病の原因になってしまうこともあるのです。

血流というのは身体にとって非常に重要なので、エアコンの温度設定を高めにしたり、直接エアコンの風邪が当たらないような工夫が必要なのです。

姿勢の悪さが老化を促進させてしまう

猫背や脚を組んで座る、頬杖をついたりすると、身体が歪み血流が悪化→代謝が悪くなってしまいます。

特に近年はパソコンやスマホを操作する時間が急激に増え、猫背気味の人が増えてきてしまっています。

代謝が悪くなるということは、太りやすい体質になってしまったり、老化を早めてしまうので注意しなければなりません。

激しい運動よりも適度な運動を日常的に行う

激しい運動は20代までの若い人はさほど気にしなくても良いと思うのですが、30代を過ぎたら注意が必要です。

激しい運動をすると活性酸素を発生させてしまいます。活性酸素の増加は老化を早めるリスクがあるのです。

「若い時の自分自身」のような動きはできないとしっかり自分で認識して、激しい運動などをセーブすることをおすすめします。

また、運動不足も身体によくないので、ジョギングやストレッチ、ウォーキングなどの適度な運動を日常的に行うことが「老化」を進行させないポイントといえます。

食事は早食いではなくゆっくりと食べる

特に男性は早食いの人が多いですよね。

5分や10分で食事を終えてあとは一服・・・なんていう人も多いのではないでしょうか。

しかし、早食いをするよりも「ゆっくりとよく噛んで食事をする」と脳内の血の巡りが良くなると言われていますし、ゆっくりと食べることで少量の食事で満腹感を感じられるのでカロリーや糖分の摂りすぎも回避することが出来ます。

また、たくさん噛んで食事をすることで唾液がたくさん分泌されるので、口内を清潔に保つことが出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

老化の原因として「AGE(糖化)」には要注意ということがわかりましたね。

あまり焼きすぎない調理と糖分の過剰摂取に気を付けることでAGEを上手にコントロールするようにしましょう。

また、

・エアコンで長時間身体を冷やさない

・姿勢が悪い状態を治す

・激しい運動よりも適度な運動を日常的に行う

・早食いではなくゆっくりとよく噛んで食事をする

といった点を意識して日々暮らしていくことで「老化」を遅らせ、健康で美しい毎日を送ることが出来るのではないでしょうか。