こんな効果があったら最高!女性が入浴剤に求めるもの5つ

どうも顔色が悪く、手足が冷えて仕方がないという女性には、血行促進効果のある入浴剤入りのお風呂に入ることをお勧めしたいですね。入るだけで血の流れも良くなりますから、顔色も手足の冷えも改善が期待できます。

でも、女性って血行を良くするだけではなく、もっとこういった効果があればいいのになと思うところがあると思います。今回は、多くの女性が入浴剤に求めるものは何か?をご紹介します。

入浴剤

お湯の色よりも香りが良いものが欲しい

多くの女性が入浴剤は色で選んでいるかと思いきや、香りを重視して選ぶ人が意外と多い傾向があります。確かに、オレンジや真っ赤なお湯にずっと入っていては、逆に疲れてしまいそうです。

やっぱり目を閉じてゆったりとお風呂に浸かりたいと思う女性にとっては、フンワリと全身が包まれてリラックスできるような香りの良い入浴剤を選びたいと思うわけです。

そんな女性に人気の香りはローズやジャスミンのフローラル系、レモンやベルガモットの柑橘系、ラズベリーにイチゴなどのベリー系の香りです。

もっとリラックス効果を高めたい時は、+α効果がある入浴剤を選んでみて下さい。アロマやモミの木、山椒、ローズジャムなどがよりリラックス効果が高いのでお勧めです。

美肌効果が高い入浴剤が欲しい

やはり美容に力を入れている女性は、お風呂に入っただけで美肌になれる入浴剤が欲しいなと思っています。シワやシミが薄くなり、肌にハリを齎す効果があれば最高!アンチエイジング効果のあるものなら、多少高くても買いたいと思うのが女性なのです。

アンチエイジング効果を高めたい時には、美肌系や酵素系入浴剤を選んでみて下さい。酵素や天然岩石、植物由来エッセンシャルオイルが入っている入浴剤がお勧め。保湿効果が高く、デトックスまででき、お風呂に入るだけで肌がモチモチで美しい肌になります。

お勧めの入浴剤は加水分解コラーゲンやヒアルロン酸Na、スクワランなどの美容成分が入っているものです。

ダイエット効果の高い入浴剤が欲しい

代謝が悪くなる20代後半になりますと、普通の食事でも太り易くなり、困ってしまう人も多いもの。入浴しただけでダイエット効果があったら嬉しいなと思う人も多いのです。できれば肌への刺激が少なく、香りもお洒落であればもっといいと考えています。

そんな女性には、発汗系の入浴剤を選んでみて下さい。生姜入りでハニージンジャーの香りの入浴剤やゲルマニウムと海藻ミネラル入りの入浴剤、唐辛子入りでオリエンタルグリーンの香りが癒される入浴剤が効果的です。

低下した代謝を上げ、痩せる体質を作りたい人は、ゲルマニウムやマグネシウム炭酸入りの入浴剤を選んでみて下さい。このゲルマニウム入りの入浴剤をお風呂に入れて20分入れば、2時間の有酸素運動をしたことと同じ効果を得られます。時間のない人や運動が苦手な人にピッタリですよ。

血行促進効果も高いので、冷え性な体質の人にもお勧めします。

保温効果の高い入浴剤が欲しい

10代でも冷え性で苦しむ女性はいますが、中高年女性はもっと冷え性で苦しむ人が多いもの。長年、苦しむこの冷え性を、お風呂に入って改善できないものかと考える人は多いのです。

そんな冷え性の女性にピッタリなのが、炭酸ガス系や無機塩類系、温泉系入浴剤を選んでみて下さい。これらの入浴剤には血行をより促す効果がある成分が入っており、お風呂から上がっても湯冷めし難いのが嬉しいところ。

保湿効果が高い入浴剤が欲しい

1年中、女性の肌は乾燥しがち。肌の表面が乾き易いから、化粧水を塗って保湿しています。でも、体だってボディソープで洗った後には保湿したいもの。でも、ボディローションを塗るのはとっても大変。なら、入浴しただけで肌が保湿できたらいいなと思いますね。

こういった女性には、入浴しただけで保湿効果を上げれる保湿成分入りの入浴剤がお勧め。ミルクプロテインやカミツレエキス、アロエエキスなどの成分が入ったものが効果を発揮します。

まとめ

多くの女性が入浴しただけで保温効果や美容効果があればいいなと思っています。乾燥肌がモッチリとした肌になり、ツルスベの美肌にもなれば、もっと嬉しいと考えています。そんな人が求める入浴剤が色々と売っていますから、自分の体質や肌のタイプ別から選んでみるといいですね。