男性の心理をしっかり理解して会いたい女性に変身しよう

ご多忙な彼氏を持っている人、好きな人が忙しくてなかなかデートしてもらえないと悩んでいる人。仕事だから仕方ないかって分かっているつもりでもやっぱりもっとかまって欲しいって思ったり、もっと会いたいって思ってしまいますよね。そんな時は自分からのお誘い攻撃ではなく彼のペースを理解してあげることで”会いたい人””誘いたい人”になることが大切です。

男性ののお仕事増やしてませんか?

なかなか次のデートのお誘いをしてくれない、メールの返事も遅いし盛り上がらない・・・。そんな時はついつい「なんで?」とイライラの気持ちが募ってしまいますよね。だけど、そのイライラが無言で彼に伝わってプレッシャーを与えてしまっているかもしれませんよ。まずはひと呼吸置いてどうして彼がなかなか誘ってくれないか考えてみましょう。

誘われない理由の一つに彼の中でアナタとのデートが”お仕事”になってしまっているからというのがあります。自分の行きたいところに彼を連れ回したり、彼が美味しいレストランを予約してくれていたり、エスコートしてくたり、自分を楽しませてくれることを毎回期待していたりなんていう心当たりはありませんか?ただでさえ忙しい彼にとって休日や仕事終わりを返上してアナタの為にさらにお仕事をするのはなかなか気が進まないもの。なので、自分から誘わないしメールのやり取りも気が進まないんですね。

恋愛

まずは仕事のオファーをストップ!いい意味での放置プレイができるようになろう

次のデートの予定がないと、ついついやってしまいがちなのがメールやLINEでのデートのお誘い攻撃。しかし、あなたとのデートが”お仕事”という前提が彼の中にあると、そんなオファーにはやっぱり興味を示してもらえません。

仕事が終わってちょっと気が緩んだときに「○○に新しく美味しいお店できたんだって〜。行ってみたいな♪」なんていうメールが届いていたらやっぱ彼にとってはちょっとプレッシャー。「連れてかなきゃいけないのかな。」「めんどくさいな・・・。」と感じさせてしまいます。

男性の中にはメール無精な人も多く、恋の始まりなんかじゃない限りメールはめんどくさいと感じる人は多いもの。それに対して女性はメールで繋がっている事で安心感を感じたり、愛されているか確認したりしがちです。だから、彼からの反応が悪い時にさらにメール攻撃をしかけてしまったりしますが、メールが苦手な男性には、放置してあげるのも時には優しさだったりします。
それに、程よい放置プレイはアナタの印象を、”忙しいときにいつもメールを送りつけてくる人”というネガティブなイメージから、”忙しい自分に気を使ってくれている理解ある人”というポジティブなイメージに彼の中で徐々に変化していきます。そしてふとアナタの事を思い出したときに彼の方からきっと誘ってくれますよ。

ただ、1週間も2週間も連絡がないっていうのは完全にアナタに無関心な可能性もあるので気をつけましょう。

まとめ

頭の中が仕事でいっぱいな男性とデートしていると、思うようにデートできなかったり、遠慮して寂しい気持ちになることもありまあすが、そんな男性が一緒にいたいと思うのは自分の仕事に理解があって自分のペースを守らせてくれる女性です。

不満に任せてメール奇襲攻撃をしかけてしまうのではなく、彼への理解を示してあげることで忙しい合間を縫ってでも「会いたいな・・・」って思える女性を目指しましょう。