ローヤルゼリーは風邪や偏頭痛に効果があるというのは本当?

風邪を引いた時に飲むものといえばなんでしょうか?

市販で売っている総合風邪薬?

それとも病院で診察を受けてお医者さん(薬剤師さん)に処方してもらうお薬?

偏頭痛で頭が痛い時に飲むものといえばなんでしょうか?

市販で売っている鎮痛剤?

それとも病院で診察を受けてお医者さん(薬剤師さん)に処方してもらうお薬?

確かに急な風邪や偏頭痛にはすぐ薬を飲んで楽になりたいですよね。

しかし、市販の総合風邪薬や薬局で処方してもらうお薬は「薬」である以上「副作用」というリスクがあります。

そして意外にも「風邪薬」は症状を一時的にやわらげるだけで「風邪を治す」わけではないのです。

いやいや、「いつも風邪を引いた時は市販薬や薬局で処方された薬を飲んで治っているよ」という人もいるでしょう。

でも実はそれ「薬を飲んだ」という安心感からくる自己催眠による「免疫力の効果」かもしれませんよ。

逆に薬を飲むことで「風邪が長引いてしまう」というのが真実であることは間違いないのです。

この記事ではそんな「風邪」や「偏頭痛」の時に「風邪薬」ではなく「ローヤルゼリー」を飲むメリットを解説していきたいと思います。

風邪

風邪や偏頭痛にローヤルゼリーの効果が期待できる理由

まず、ローヤルゼリーが風邪や偏頭痛におすすめな大きな理由として

「デセン酸」が含まれているということ。

デセン酸とは自然界で唯一ローヤルゼリーのみに含まれている成分なのですが、自律神経を整える効果が期待できる成分なのです。

人間は自律神経が乱れると血流が悪くなり冷え性や低体温になってしまう危険性があります。

人間は体温が低くなると免疫力が低下してしまいますので「風邪」にかかりやすくなってしまうのです。

そして、免疫力が低下している状態のままでいると、風邪が治りずらかったり、他の病気を併発してしまったりするので、「自律神経を整えて免疫力を上げる」というのは非常に重要なポイントとなるのです。

また、デセン酸自体に抗菌作用があり、細菌の増殖を抑えてくれるので一石二鳥なのです。

そういった意味で「自然界で唯一デセン酸が含まれているローヤルゼリー」は「風邪の予防や改善」に役立つと言えるのではないでしょうか。

さらに「偏頭痛」も自律神経の乱れが大きな原因になっていることが多いので、ローヤルゼリーを摂取して自律神経を整えることは「偏頭痛の予防や改善」にも役立つのです。

その他にも、ローヤルゼリーに含まれるパントテン酸は免疫力を高めストレスを軽減させる効果が期待できますし、アルギニンはウイルスや細菌と対抗する力を持っています。

ローヤルゼリーの栄養成分はまだまだこんなものではありません。

みなさん一度は聞いたことがあるであろう栄養成分「アスパラギン酸」は疲労の原因となる乳酸を分解するので疲労回復に役立ちますし、ビタミンBは身体のエネルギーを作ってくれるので弱った身体を回復させてくれます。

風邪だけではなく「偏頭痛」もローヤルゼリーに含まれるデセン酸やビタミンB、パントテン酸の効果が期待できるのでおすすめなのです。

※喘息やアトピー性皮膚炎の方は副作用の危険性が若干ありますのでローヤルゼリーの摂取は控えた方が良いかもしれません。