不眠などによる睡眠不足は女性の大敵!しっかり寝てお肌を綺麗に

あなたは毎日しっかりと寝れていますか?

「仕事で家に帰るのが遅くなってしまい、ついつい就寝時間が遅くなってしまう」
「家事や育児が忙しくて気が付いたら遅い時間になってしまいしっかりと睡眠が取れていない」

というような女性が多いのではないでしょうか?

睡眠は人間の3大欲求の一つであり、お肌を綺麗に保ったり健康で長生きする為には欠かせないものです。

この記事ではそんな「忙しい女性が日常的に睡眠不足になってしまうとお肌や健康にどんなデメリットがあるのか、そして改善するための方法」などを解説していきたいと思います。

睡眠

不眠症や睡眠不足が日常的になってしまうと女性の身体はどうなってしまうのか?

お肌を綺麗に保つためには「しっかりとした栄養」や「自分に合った化粧水や乳液などによるお肌の手入れ」そして「深い眠りを適正な時間確保する」ことが重要になります。

しかし、せっかく栄養をしっかり摂って、化粧水や乳液によるお肌の手入れをしっかり行っても「不眠や睡眠不足」の状態が日常的に続いてしまえば綺麗なお肌を保つことが出来ないのです。

不眠や睡眠不足が続くと

・お肌のバリア機能が低下してしまい、お肌が乾燥しやすくなってしまいます。
乾燥しやすくなってしまうと、うるおいのないザラザラなお肌になってしまうのです。いわゆる「乾燥肌」という状態ですね。

・成長ホルモン(若返りホルモン)の分泌量が少なくなり、皮膚組織の修復やお肌のターンオーバーが正常に出来ず、お肌の水分を保つ力が少なくなったいきます。

・肌荒れや大人ニキビができやすくなってしまう。

というように、睡眠不足は「女性のお肌にっとって大敵」であることがわかります。

10代、20代のころは多少の睡眠不足でもそこまでお肌への影響が多くなく、見た目的にもさほど影響は出ないかもしれませんが、30代、40代、50代と年齢を重ねていくと睡眠不足や不眠がダイレクトにお肌の見た目に影響が現れてしましうのです。

女性におすすめの不眠や睡眠不足を改善する方法

睡眠時間をしっかりと確保することは大前提として重要なのですが、ただ長い時間寝れば良いというわけでもありません。

重要なのは、「質の良い睡眠を自分に合った時間取る」ことなのです。

安眠や深い眠りを意識している女性は多いのですが、意外と「自分に合った睡眠時間」を意識していない人は多いのではないでしょうか?

最近は「ショートスリーパー」という「3時間程度の短時間しか寝なくても健康に暮らせる人」が話題になったりしていますが、人によって翌日に疲れが残ったりせず、お肌を綺麗に保つのに必要な時間というのは違っているので、「自分に合った睡眠時間」というのをしっかりと事前に把握しておくことも重要なのです。

おすすめの安眠する方法

寝る時間の3時間前までに食事を済ませる

寝る時間の1時間前からはPCやスマホを操作しない

お風呂の温度はぬるめに設定し、寝る時間の2時間前までに入浴する

関連記事「すべすべ肌の女性になるには食べ物や入浴方法、身体の洗い方を見直す

就寝前はリラックス状態を作るために安眠効果が期待できるBGMを聴いたりアロマオイルなどを使ってみる

布団に入ってからは考え事をしない

耳栓やアイマスクなどを使用したり、枕や掛布団、敷布団など自分に合った寝具にする

ローヤルゼリーやGABAなどリラックス効果が期待できるサプリメントを飲んでみる

というように、意識して取り組めば誰でも安眠しやすい状態を作ることは可能なのです。

「毎日忙しくてなかなか睡眠改善に取り組めない」

という人も多いかと思いますが、歯を磨いたりお風呂に入ったりするのと同じように一度「習慣化」させてしまえば後は自然に毎日安眠しやすい状態を作ることが出来るはずです。

美しいお肌と健康な身体を維持するためにぜひ本格的に睡眠改善に取り組んでみてもらいたなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

綺麗なお肌と健康な身体を手に入れる為には栄養やお肌の手入れとともに「睡眠時間の確保と質の良い睡眠」が重要ということがわかりましたね。

寝る時間の3時間前までに食事を済ませたり、就寝前はリラックス状態を作るために安眠効果が期待できるBGMを聴いたりアロマオイルなどを使ってみたり、ローヤルゼリーやGABAなどリラックス効果が期待できるサプリメントを飲んでみるなど「睡眠の改善」に本気で取り組み、ぜひ綺麗なお肌と健康な身体を手に入れていただきたいと思います。