ローヤルゼリーに含まれるビタミンの種類と期待できる効果について

多くの栄養がギュッと詰まった「ローヤルゼリー」という栄養食品ですが、一体どのくらいのビタミン類が含まれているのか気になったりはしませんか?

美容や疲れに高い効果が期待できる「ビタミン類」は積極的に接種したほうが良い栄養素と言われていますが、時間に追われる現代人にとっては一日の摂取量を食事の中からしっかりと摂取することが難しいというのが現実ではないでしょうか。

そんな大事な「ビタミン類」が「ローヤルゼリーにどんな種類がどれくらい含まれているのか」をこの記事では解説していきたいと思います。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーに含まれているビタミン類の種類

ローヤルゼリーには、ビタミンB1、B2、B6、B12が含まれています。

さらに、パントテン酸やナイアシン、ビオチン、葉酸という栄養素もビタミンB群に含まれるのですが、ローヤルゼリーにはこれらの栄養成分もすべて入っているので、「ビタミンB群」がすべて摂取できる栄養食品なのです

まず「ビタミンB1」ですが、摂取した糖質をエネルギーに変えてくれる働きがあることで有名ですよね。
ビタミンB1を摂取していないと、体内に糖質が溜まりやすくなってしまうので、肥満の原因や脂肪肝の原因にもつながってしまうのです。

また、ビタミンB1は皮膚や粘膜にも良い影響を与えてくれるので、美容にも効果が期待できる栄養素なのです。

次に「ビタミンB2」ですが、この栄養素をしっかり摂取することでお肌をきれいに保つ効果が期待できます。

よく「お肌のターンオーバー」という言葉を聞くこともあると思いますが、皮膚細胞が生まれ変わるサイクルを正常に整えていくのに「ビタミンB2」は欠かせない栄養素なのです。

次に「ビタミンB6」ですが、食品に含まれているタンパク質からエネルギーを作り出すいわゆる「代謝」を行うのに必要な栄養素です。

代謝が正常に行われることで、髪や皮膚、粘膜、爪などが正常に保たれているので、ビタミンB6は非常に重要な栄養素の一つといえます。

そしてビタミンB12は神経や血液細胞を正常にしてくれる栄養素です。
ビタミンB12が不足すると体力低下や免疫力低下などの症状が出てしまうので、毎日を健康で活発に過ごす為には必要不可欠な栄養素といえます。

他にもローヤルゼリーにはパントテン酸やナイアシン、ビオチン、葉酸などのビタミンも含まれています。

パントテン酸はビタミンB1と一緒に糖質をエネルギーに変え、ビタミンB2とともに脂質の代謝を促します。

ナイアシンは肌や粘膜を健康にする効果が期待できる他にも酵素の働きを補助してくれる働きをしてくれるので、ダイエットやアンチエイジングへの効果が期待できる栄養素です。

ビオチンはアミノ酸の生成に必要な栄養素で、髪や頭皮の健康をサポートします。
さらに肌のターンオーバーにも効果が期待できる栄養素でもあります。

葉酸はきれいなお肌を保つ上でとても重要な栄養素です。
タンパク質の元になるアミノ酸を多く生み出すので、アンチエイジングに効果が期待できるのです。
また、葉酸は妊婦さんにおすすめの栄養素としても有名ですよね。

このように、ローヤルゼリーにはビタミンB群がすべて入っているので美容と健康、アンチエイジングに最適な栄養食品なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ローヤルゼリーにはビタミンB群の全てが入っている素晴らしい栄養食品だということがお分かりいただけたかと思います。

更にミネラル類やアミノ酸、特有成分のデセン酸などもローヤルゼリーには含まれているので、美容や健康、アンチエイジングが気になる女性にはピッタリなのです。

ぜひ一度ローヤルゼリーを試してみてはいかがでしょうか。