暑くても夏バテしない身体作りにローヤルゼリーがおすすめ!

日本の夏は暑いですよね。
地球温暖化の影響で毎年平均気温が上がっているのも困ったものですが、何より厳しいのが日本特有の「湿度の高さ」ではないでしょうか。

気温が高くてもハワイやグアムのように湿度が低くカラッとしていれば「不快な暑さ」を感じないで済むのですが、日本特有の「まとわりつくような蒸し暑さ」は本当に身体に堪えます。

そんな「あつーい日本の夏」を夏バテせずに過ごすために「ローヤルゼリー」を日常的に摂取して「夏バテ知らずで楽しく過ごす夏」にしてみませんか?

この記事では、「夏前にローヤルゼリー習慣を始めることで夏バテせずに暑い夏を楽しむ」というテーマで解説していきたいと思います。

夏バテ

ローヤルゼリーが夏バテ対策におすすめな理由

夏は気温が急激に上がるので、人間の食欲はどうしても落ちてしまいます。

夏の食事は食欲がなくても食べれるそうめんなどで済ませてしまうという人も多いのではないでしょうか。

食べる量も品数も減ってしまうということは、それだけ摂取している栄養成分も少なくなったり偏ったりしてしまうともいえますよね。

ただでさえ体力を消耗してしまう夏ですから、栄養不足は「夏バテ」の原因になってしまうのです。

そこでおすすめなのが「ローヤルゼリー」です。

薬局やネットなどでいろいろな種類が販売されており、価格も比較的安価な商品から本格的な高価な商品まで様々です。

やはり価格によって含まれている栄養成分の量に違いはあるのですが、比較的安価なローヤルゼリーであってもその含まれている栄養成分は驚く程多く含まれていて、種類も多いのです。

リジン・ヒスチジン・フェニルアラニン・ロイシン・イソロイシンなどの必須アミノ酸やアルギニン・チロシン・アラニン・プロリンγ-アミノ酪酸などのアミノ酸。

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・パントテン酸・ビオチンなどのビタミン類。

ナトリウム・リン・鉄・カルシウム・カリウム・マグネシウムなどのミネラル類。

そして自然界ではローヤルゼリーにしか含まれていない栄養成分のデセン酸など、本当に多くの栄養成分がローヤルゼリーには含まれているのです。

特に、パントテン酸は免疫力を高めてくれる効果が期待できますし、夏には体内のパントテン酸は少なくなっているので、パントテン酸が含まれているローヤルゼリーを摂取することで夏バテ予防ができるのです。

※ごくまれにローヤルゼリーでアレルギ-症状が出てしまう人もいるので、初めは少量から摂取するようにしましょう。
6歳未満の子供や蜂アレルギーの人、喘息やアトピー性皮膚炎の人、花粉症の人などはローヤルゼリーを摂取しないほうが良いでしょう。

ローヤルゼリーは薬ではないので、即効性を求めてはいけない

ローヤルゼリーは栄養食品であって、薬ではありません。

まれに、ローヤルゼリーを飲み始めて1週間程度で身体への影響を感じなかったからと飲むのをやめてしまう人がいますが、それは大きな間違いです。

優れた栄養食品であっても、1週間で劇的に身体に好影響を与えることはなかなか難しいのです。

普段の食生活や生活習慣にも少しずつ気を配りながら、ローヤルゼリーなどの栄養食品を長期間継続して摂取することで、健康や美容に大きな好影響を与えてくれるものなのです。

そう、「ローヤルゼリーは薬ではなく栄養食品」です。

夏バテ防止のためでも、「夏バテしてから」では遅いのです。

できれば6月ぐらいから、遅くても7月に入ったぐらいのタイミングでローヤルゼリー摂取の習慣化を始めなければ、夏バテ対策にはならないのです

夏バテ防止以外にも「お肌をきれいにしたり」「自律神経を整える」など特に女性に嬉しい効果が期待できるので、ぜひローヤルゼリーの習慣化を初めてみてはいかがでしょうか。